目的用途別選び方

育毛シャンプーでは毛は生えてきません。でも、悪いシャンプーで頭皮や頭髪がダメージを受けていれば「脱毛」に結びつきます。荒れた畑では作物が育たないのと同じです。頭皮や頭髪に良い育毛シャンプーについて説明します。

MENU

未分類

おデコの生え際の後退

おデコの生え際は後退しやすく、それでいて育毛の努力の効果がなかなか現れにく部分です。なぜでしょう。おデコの生え際は頭皮がつっぱりやすいので血流が悪くなり十分な栄養が行きにくいところです。髪の成長点は頭皮の中の毛根にあります。

記事の続きを読む

猫毛にボリュームを与えるシャンプー

猫毛の悩みはスタイルの決まらい柔らかい髪質です。髪にハリとコシを与えてボリュームアップするシャンプーがあります。それはからだに必要な必須脂肪酸である不飽和脂肪酸を成分に配合しているシャンプーです。不飽和脂肪酸と髪の毛のハリ・コシの関係がイマイチわからないですよね?

記事の続きを読む

髪の毛が細くなるのはシャンプーが原因?

髪の毛が以前より細く弱々しくなってきたように感じたら、今使ってるシャンプーをその原因に疑ってみるべきです。それはシャンプーが髪の毛を溶かしているという意味ではありません。シャンプーが髪の毛を育てている地肌を傷めているという意味です。毎日使うように作られているシャンプーが地肌を傷めているというのはおかしなはなしです。

記事の続きを読む

フケを抑えるアミノ酸系シャンプー

フケはお客様を相手の仕事をしていると、これほど厄介なものはありません。このフケを穏やかに抑えるのにアミノ酸系シャンプーはなかなか良い働きをします。しかし、即効性を期待してはいけません。頭皮の環境を整えてフケを抑える、という手順を踏むアミノ酸系シャンプーは、期待した成果が現れるまで時間がかかります。

記事の続きを読む

洗髪後のフケを防ぐ方法

洗髪して髪を乾燥する段階でもうフケが出てきてしまって、ガッカリというか、情けないというか、どうにかならないものだろうかという気持ちでいっぱいです。シャンプーが悪いのか、洗い方が悪いのか、・・・という悩みは深刻です。フケは目立ちます。目立って不潔にみられます。いくら洗髪しても不潔に見られるのは耐えられません。

記事の続きを読む

頭皮の加齢臭、対策は?

体臭は、若い時はそれほどでもなかったひとでも、シニアになると臭いが強くなります。頭皮も同じで新陳代謝が衰えてて、臭の原因物質の分泌もそれほどでもないはずなのに、なぜかきつい臭になります。加齢臭などと不名誉な言い方をされます。何か違ったことが起こっているのでしょうか。

記事の続きを読む

分け目の地肌が目立ってきた

分け目の地肌が目立つようになって、初めて薄毛が気になりだしました。そうなると抜け毛の量も気になりだしました。そういえば、髪の毛一本一本も以前より細くなってきているような気がしてきました。今までなんとも思っていなかったことが、ひとつのことが気なったとたんに、あれもこれもと気になりだし始めました。薄毛の兆候は見ていたはずなのに、見えてなかったのです。

記事の続きを読む

皮脂の過剰分泌を抑えたい

頭皮や髪の毛が皮脂の過剰分泌でベトベトしているのを抑える方法があります。夜のシャンプーで頭皮をスッキリさせても、翌朝にはもう皮脂が浮き出している状態なので、人前に出る仕事柄、朝にもう一度シャンプーをして仕事に出かけていますね。まず、シャンプーの回数を減らしてくだい。夜と朝の2回を夜の1回だけにしてくだい。次に、使っているシャンプーと肌質との相性が合っているか確認してください。この二つのことは、皮脂の取り過ぎによってかえって皮脂の盛んな分泌を助けてしまっているということを意味しています。

記事の続きを読む

毎日のシャンプーは必要?

新陳代謝の活発な年齢や、汗をかく仕事に従事しているひとは毎日洗髪して、汗、汚れ、フケを洗い流す必要があります。新陳代謝がそれほどでもなくなる年齢になれば、頭皮の皮脂の分泌やフケの発生は穏やかになるので、毎日洗髪しなくとも良いのです。しかし、子供の頃から毎日洗髪する習慣が身についてしまっているので、洗髪しないと気持ち的に具合がわるくなります。

記事の続きを読む

頭皮が荒れる原因を探る

頭皮が荒れる最大の原因はシャンプーにあります。シャンプーに配合されている成分が悪さをしているのです。とくに洗浄剤の成分と相性が合わないのです。優しい洗浄剤を成分とするシャンプーに変えてください。アミノ酸系シャンプーが頭皮に優しいシャンプーです。口コミで良いシャンプーと言われていてもそのシャンプーと相性が合うかどうかはわかりません。実際に使ってみて自分の頭皮に聞いてみなければなりません。

記事の続きを読む
前のページ  次のページ

Copyright© 2018 育毛シャンプーの選び方・使い方

ページトップ