目的用途別選び方
MENU
育毛シャンプーの選び方・使い方 TOP  >  未分類  >  抜け毛対策を40歳から始める

抜け毛対策を40歳から始める

1810312抜け毛対策を40代から始める男性、行動を起こすのが遅過ぎはしませんか?いいえ、そんなことはありません。毛根が死んで頭皮が光っていなければ、抜け毛は激しいけれど、薄毛の状態ならば、まだまだ間に合います。できれば、20代から髪の毛には気をかけておけばよかったかもしれませんが、過去のことを悔やんでみても致しかたありません。今日これからのことを考えなければなりません。まず、抜け毛の量を減らすためにやらなければならないことは、・・・生活習慣の根本的な見直しです。生活全般からして、髪の毛の成長に悪いことをしていたのです。悪いことを極力排除するのです。次に、毎日使っているシャンプーを見直します。意外とシャンプーが頭皮の健康状態を悪くしている可能性があります。

 

それでは、まず、生活習慣の見直しをしてください。

 

まず第一に、睡眠時間をちゃんととっていますか。寝不足は髪の成長に大敵です。しかも、寝る時間帯が重要です。髪の成長時間帯というのが夜10時から夜中の2時ということです。この時間をお客様の接待に使っているサラリーマンの方、40代という年代は仕事の責任をひしひしと感じる時期ですし、この時期の成果に、今後のサラリーマン生活の行方がかかっていることは重々承知しています。ですが、寝る時間を何とでも確保してください。そうでなければ、成長ホルモンの恩恵には預かれません

 

良質なたんぱく質をとりましょう。髪の毛の栄養になるものを摂取して、血流に乗せ、髪の毛の生産工場である毛根にせっせと栄養を運ばなければなりません。栄養不足は貧弱な髪の毛しか製造できなくなります。ただし、肉食中年オジンになってはいけません。同時に野菜、特にキャベツ、ブロッコリーなどの菜の花系をふんだんに取り入れるようにしましょう。肉をとったら、野菜をその3倍は食べる。基本中の基本ではないでしょうか。

 

食事と睡眠が確保できてもそれで十分ではありません。食っちゃ寝では、どうしようもありません。体全体の血行を良くして毛根への血流を増やす算段が必要です。それには、軽い運動を軽軸的に実施する必要があります。1週間に3回程度の運動で、できれば額にうっすら汗をかく程度が必要です。ウォーキングも良いですし、ジョギングもよいです。自転車もいいですね。継続できるものを始めましょう。40代からの抜け毛防止柵です。総合的に対処しなければなりません。過去20年の油断、怠慢が心細い薄毛を生んだのですから、今後20年の勤勉によって失われたものを取り戻さなければなりません。

 

最後に、毎日使うシャンプーを見直します。現在使っているシャンプーの容器の裏を見てみましょう。もし、

・ラウリル硫酸Na ・ラウリル硫酸アンモニウム ・ラウリル硫酸TEA ・ラウレス硫酸Na(ポリオキシエチエレンラウリルエーテル硫酸Na) ・ラウレス硫酸アンモニウム ・ラウレス硫酸TEA

などの「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」の文字があったら、残念ながら使用途中でもあきらめて、刺激の少ない洗浄剤を使っているシャンプーに変えてください。現在最もポピュラーな優しいシャンプーはアミノ酸系シャンプーです

 

40代ならあと20年間、髪の毛を労わる覚悟で過ごしましょう。そのくらいの覚悟が大事です。

同じカテゴリー「未分類」の一覧

薄毛の原因を探る

薄毛になった原因が分からないと、打つ手が具体的に見えてきません。父親や祖父が薄毛なら遺伝というリスクを持っていることはわかりますが、それ以外にどんな原因があるのか探る手段はあるのでしょうか。

記事の続きを読む

フケをなくす方法

頭皮の表面の角質層が寿命を迎えて、新しい角質層によって下からに押し出されるように剥がれ落ちたものがフケです。これは正常な新陳代謝ですから普通にフケが出ているのです。カラダの皮膚も同じような新陳代謝を行っていて垢として肌から剥がれ落ちていきます。カラダの垢について普通は意識しないように、フケも細かい垢になって剥がれているうちはまったく気にならない存在です。

記事の続きを読む

地肌が透けて見えたときの対処方法

それは突然来たようにみえるのですが、抜け毛の増加と、髪の毛が細くなってきたのとは気がつかないうちに密かに同時に進行していたのです。地肌が透けて見えるようになったとき、薄毛はどのくらい進行しているのでしょうか。実は、50%を超えているのです。

記事の続きを読む

抜け毛で前髪が薄いときの対策

前髪がスカスカしてきたということはおデコの生え際が後退してきた、あるいはM字の後退が進んできたということでしょう。まずここの部分の抜け毛をストップすることが先決です。しかしこの部分の抜け毛を抑えるのはなかなか難しいのです。理由は、頭皮が固く血行不良を起こしがちな部分だからです。

記事の続きを読む

洗っても洗っても頭がかゆいとき

よく洗って、すすぎもしっかりしているのに頭のかゆみがおさまらないとき、1日中イライラして、集中力もなくなります。かゆみがおさまらないのは、洗い過ぎか、よく洗えてないか、すすぎがうまくいっていないか、なのです。まず洗いすぎについて。脂っぽいのでついゴシゴシ洗ってしまっていませんか

記事の続きを読む

人気記事ランキング

  • 髪の毛が細くなるのはシャンプーが原因?

    髪の毛が以前より細く弱々しくなってきたように感じたら、今使ってるシャンプーをその原因に疑ってみるべきです。それはシャンプーが髪の毛を溶かしているという意味ではありません。シャンプーが髪の毛を育てている地肌を傷めているという意味です。毎日使うように作られているシャンプーが地肌を傷めているというのはおかしなはなしです。

    記事の続きを読む
  • 洗髪後のフケを防ぐ方法

    洗髪して髪を乾燥する段階でもうフケが出てきてしまって、ガッカリというか、情けないというか、どうにかならないものだろうかという気持ちでいっぱいです。シャンプーが悪いのか、洗い方が悪いのか、・・・という悩みは深刻です。フケは目立ちます。目立って不潔にみられます。いくら洗髪しても不潔に見られるのは耐えられません。

    記事の続きを読む
  • シャンプーに配合されている成分

    シャンプーを使い続けて手荒れがひどいのはそのシャンプーの成分に問題があります。手が荒れるということは頭皮はもっとダメージを被っています。すぐにシャンプーを優しい成分のシャンプーに変えてください。シャンプー成分の中で一番の問題成分は洗浄剤です。洗浄剤にどのような成分を使っているかで手や頭皮に強いダメージを与えます。

    記事の続きを読む

Copyright© 2018 育毛シャンプーの選び方・使い方

ページトップ