目的用途別選び方
MENU
育毛シャンプーの選び方・使い方 TOP  >  未分類  >  脂性なのにフケが出る

脂性なのにフケが出る

a0003_001871脂性のフケは、頭をかくとポロポロとかたまりでフケが落ちてきます。フケは頭皮の新陳代謝の結果なのですから本来は健康的な現象です。ただ、健康的なフケは、目に見えるほどの大きな状態で落ちてくるのではなく、目に見えないほど細かな破片となって気がつかないうちに頭皮から離れていくものなのです。フケが出て困るというのは、頭皮が十分なフケになる前に、頭皮の皮のままに頭皮からはがれてしまうことに問題があるのです。

 

脂性のフケは、ベタっとして比較的大きなかたまりになっています。髪をクシですいたときクシについてきます。頭からパラパラ落ちてきて肩に白いフケが積もっているということがないのですが、頭に触れるとベトっとした感じの塊が落ちてきます。ひとの目が気になって落ち着きませんし、嫌な臭いがしそうで気が気ではありません。
頭皮の皮脂をすっかり洗い落としてさっぱりすっきりしたい気持ちはわかりますが、かえって逆効果になります。皮脂の分泌を促してしまい、よりオイリーな頭皮を招いてしまいます。また、頭皮に炎症があれば、皮脂をすっかり洗い流すような洗い方では刺激が大きすぎて、同じようなオイリーな頭に拍車を掛けてしまいます。

 

脂性の場合、脂漏性皮膚炎を発症している場合が多いので、頭皮を含めて優しいシャンプー洗顔フョーム優しいボディーソープと全体的に考える必要があります。そして頭皮の皮脂の分泌を和らげて、なおかつフケの生成サイクルを正常に戻すような洗髪に心がけます。

 

洗髪の要領として、いきなりシャンプーをするのではなく、お湯で十分に予洗いをおこないます。シャワーで約1分程度です。その後シャンプーの液体を手に取り十分に泡立ててから洗髪します。優しいシャンプーですと脂性ではすぐに泡立たなくなります。1回すすいで、2回目のシャンプーを行うと髪の毛と頭皮を十分に泡で洗うことができます。シャンプーのすすぎが大事です。シャワーで3分間洗い流してください。3分間というのは思った以上に長い時間です。シャンプーはどんなに優しいものでも、頭皮に残ると悪さをします。頭皮に刺激を与えて、炎症を悪化させたり脂性をより重症にしたりしてしまいます。

 

髪の毛の乾燥の要領も重要です。ドライヤーを使って乾かしますが、ドライヤーの熱で頭皮を火傷させないように0センチメートル以上離して、同じ箇所に3秒以上当てないように注意を払って乾かしてゆきます。自然乾燥は、頭皮に余計な湿気を長時間残すので雑菌の繁殖の原因になってしまいます。短髪のかたは、タオルで拭いてくして整髪しているうちにみいるみる乾いていくでしょうが、それなりにスタイリッシュな髪の毛をされている方はこの乾燥の段階も十分に注意を払って、時間をかけてください。

 

朝シャンや朝風呂派のかたは、入浴時間の習慣を夜型に変えてください。ていないな洗髪と、十分な注意を払った乾燥には、忙しい朝の時間は適切ではないからです。
洗髪の要領を改善するだけでも、脂性のフケの発生は随分と抑えられるようになります。

同じカテゴリー「未分類」の一覧

薄毛の原因を探る

薄毛になった原因が分からないと、打つ手が具体的に見えてきません。父親や祖父が薄毛なら遺伝というリスクを持っていることはわかりますが、それ以外にどんな原因があるのか探る手段はあるのでしょうか。

記事の続きを読む

フケをなくす方法

頭皮の表面の角質層が寿命を迎えて、新しい角質層によって下からに押し出されるように剥がれ落ちたものがフケです。これは正常な新陳代謝ですから普通にフケが出ているのです。カラダの皮膚も同じような新陳代謝を行っていて垢として肌から剥がれ落ちていきます。カラダの垢について普通は意識しないように、フケも細かい垢になって剥がれているうちはまったく気にならない存在です。

記事の続きを読む

地肌が透けて見えたときの対処方法

それは突然来たようにみえるのですが、抜け毛の増加と、髪の毛が細くなってきたのとは気がつかないうちに密かに同時に進行していたのです。地肌が透けて見えるようになったとき、薄毛はどのくらい進行しているのでしょうか。実は、50%を超えているのです。

記事の続きを読む

抜け毛で前髪が薄いときの対策

前髪がスカスカしてきたということはおデコの生え際が後退してきた、あるいはM字の後退が進んできたということでしょう。まずここの部分の抜け毛をストップすることが先決です。しかしこの部分の抜け毛を抑えるのはなかなか難しいのです。理由は、頭皮が固く血行不良を起こしがちな部分だからです。

記事の続きを読む

洗っても洗っても頭がかゆいとき

よく洗って、すすぎもしっかりしているのに頭のかゆみがおさまらないとき、1日中イライラして、集中力もなくなります。かゆみがおさまらないのは、洗い過ぎか、よく洗えてないか、すすぎがうまくいっていないか、なのです。まず洗いすぎについて。脂っぽいのでついゴシゴシ洗ってしまっていませんか

記事の続きを読む

人気記事ランキング

  • 髪の毛が細くなるのはシャンプーが原因?

    髪の毛が以前より細く弱々しくなってきたように感じたら、今使ってるシャンプーをその原因に疑ってみるべきです。それはシャンプーが髪の毛を溶かしているという意味ではありません。シャンプーが髪の毛を育てている地肌を傷めているという意味です。毎日使うように作られているシャンプーが地肌を傷めているというのはおかしなはなしです。

    記事の続きを読む
  • 洗髪後のフケを防ぐ方法

    洗髪して髪を乾燥する段階でもうフケが出てきてしまって、ガッカリというか、情けないというか、どうにかならないものだろうかという気持ちでいっぱいです。シャンプーが悪いのか、洗い方が悪いのか、・・・という悩みは深刻です。フケは目立ちます。目立って不潔にみられます。いくら洗髪しても不潔に見られるのは耐えられません。

    記事の続きを読む
  • シャンプーに配合されている成分

    シャンプーを使い続けて手荒れがひどいのはそのシャンプーの成分に問題があります。手が荒れるということは頭皮はもっとダメージを被っています。すぐにシャンプーを優しい成分のシャンプーに変えてください。シャンプー成分の中で一番の問題成分は洗浄剤です。洗浄剤にどのような成分を使っているかで手や頭皮に強いダメージを与えます。

    記事の続きを読む

Copyright© 2018 育毛シャンプーの選び方・使い方

ページトップ