目的用途別選び方
MENU
育毛シャンプーの選び方・使い方 TOP  >  未分類  >  抜け毛を予防する髪の洗い方

抜け毛を予防する髪の洗い方

sp001549抜け毛の量に驚くのは、洗髪時、起床時、そして整髪時でしょう。何が原因かを思いめぐらぐらせて、原因のひとつに髪の洗い方があるのではと思い当たりましたね。確かに抜け毛を予防する髪の洗い方はあります。正確には正しい洗髪の方法が抜け毛の予防にも良いということなのです。

 

子供の頃から毎日洗髪していますから特に正しい正しくないという意識を持ったこともないのが普通です。それが、抜け毛というショッキングな現実に突き当たって、そもそものところから見直すのは大事なことだと思います。それでは正しい洗髪の方法を紹介します。

 

シャンプーの前に、シャワーで予洗いをします。
時間は約1分間です。お湯の温度は37℃~38℃とややぬるめめにします。この予洗いでまず汗やほこりの汚れを落とします。どうせシャンプーをするのだからということでこの予洗いをおろそかにしないでください。これによって頭皮の負担が軽くなるのです。

 

シャンプーを手のひらで泡立ててから使います。
原液のまま頭につけて髪の毛で泡立てるのはよくありません。原液のまま頭皮を洗い始めると、すすぎ残しの原因となるからです。すすぎ残しはフケやかゆみという頭皮トラブルを招いてしまいます。どんなに低刺激のシャンプーであっても、シャンプーが頭皮に残ってしまうと、頭皮の負担になります。せっかくの洗髪なのにトラブルの原因とならないために手のひらで十分に泡立ててください。

ポンプ式のシャンプーボトルですと2回のプッシュが適量です。なめらかな液体のシャンプーですと2プッシュも手のひらに貯められない場合がありますが、そのときは1プッシュづつ泡立てて使うとよいです。

 

洗髪は指の腹を使って洗います。
かゆいところがあるからと爪をたてて洗わないでください。頭皮を傷つけてしまいます。指の腹を使って、頭の下から上の方へ髪の毛を盛り上げてゆくようなイメージで頭皮を洗います。洗髪とは言いながら、実際は頭皮を洗うのです。この指の動きで頭皮をマッサージするようなイメージでゆっくりと手を動かしてください。力強くガシガシ洗うのは禁物です。

強めの整髪料を使っている場合は、1度目の洗髪でこの整髪料を落とし、2度洗いをして頭皮の洗浄をおこないます。脂性の強い方も同じように2度洗いが良いでしょう。

頭皮マッサージをするように洗うイメージとは?
頭皮の皮を指でつかんで、その指をくいくいと動かして揉むようにします。髪の毛が多いと滑ってしまうまいますが、なるべく頭皮をつかんで揉んでください。この洗い方をしますと血行が促進されます。

 

すすぎはシャワーで約3分間、十分すぎるということはありません。
どんなに良いシャンプーでもすすぎ残しがあると、フケやかゆみ、そして抜け毛の原因になってしまいます。抜け毛を防ぐ正しい洗い方を知りたかったわけですから、このポイントをしっかりおさえて今日から実行しましょう。シャワーがお風呂についていない場合には、洗面器にお湯をくんで10回以上のすすぎが目安です。とにかくしっかりシャンプーを落としましょう。

 

タオルでゴシゴシこすって髪を乾かすのは禁物です。
優しく抑えるようにタオルドライをしてください。コツは、髪の根元をタオルで押さえて水分を吸い取るイメージです。

 

そして、自然乾燥も厳禁です。
ドライヤーを使って素早く乾燥します。この時の注意点は、ドライヤーの熱風で頭皮を傷めないように20センチほど離して使います。そして、熱風を同じ箇所に2秒を超えて当てないようにしながら乾燥させていきます。頭皮の予洗いやすすぎのシャワーの温度に気をつけていたのですから、このドライヤーの熱風にも十分に気をつけてください。すばやく頭全体を乾燥するのがコツです。

 

以上が抜け毛を予防する正しい洗い方です。この洗い方をしっかりやろうとすると、忙しい朝に行う朝シャンは不都合だということがわかります。洗髪は夜の十分な時間をかけて行うことが肝心です。

同じカテゴリー「未分類」の一覧

薄毛の原因を探る

薄毛になった原因が分からないと、打つ手が具体的に見えてきません。父親や祖父が薄毛なら遺伝というリスクを持っていることはわかりますが、それ以外にどんな原因があるのか探る手段はあるのでしょうか。

記事の続きを読む

フケをなくす方法

頭皮の表面の角質層が寿命を迎えて、新しい角質層によって下からに押し出されるように剥がれ落ちたものがフケです。これは正常な新陳代謝ですから普通にフケが出ているのです。カラダの皮膚も同じような新陳代謝を行っていて垢として肌から剥がれ落ちていきます。カラダの垢について普通は意識しないように、フケも細かい垢になって剥がれているうちはまったく気にならない存在です。

記事の続きを読む

地肌が透けて見えたときの対処方法

それは突然来たようにみえるのですが、抜け毛の増加と、髪の毛が細くなってきたのとは気がつかないうちに密かに同時に進行していたのです。地肌が透けて見えるようになったとき、薄毛はどのくらい進行しているのでしょうか。実は、50%を超えているのです。

記事の続きを読む

抜け毛で前髪が薄いときの対策

前髪がスカスカしてきたということはおデコの生え際が後退してきた、あるいはM字の後退が進んできたということでしょう。まずここの部分の抜け毛をストップすることが先決です。しかしこの部分の抜け毛を抑えるのはなかなか難しいのです。理由は、頭皮が固く血行不良を起こしがちな部分だからです。

記事の続きを読む

洗っても洗っても頭がかゆいとき

よく洗って、すすぎもしっかりしているのに頭のかゆみがおさまらないとき、1日中イライラして、集中力もなくなります。かゆみがおさまらないのは、洗い過ぎか、よく洗えてないか、すすぎがうまくいっていないか、なのです。まず洗いすぎについて。脂っぽいのでついゴシゴシ洗ってしまっていませんか

記事の続きを読む

人気記事ランキング

  • 髪の毛が細くなるのはシャンプーが原因?

    髪の毛が以前より細く弱々しくなってきたように感じたら、今使ってるシャンプーをその原因に疑ってみるべきです。それはシャンプーが髪の毛を溶かしているという意味ではありません。シャンプーが髪の毛を育てている地肌を傷めているという意味です。毎日使うように作られているシャンプーが地肌を傷めているというのはおかしなはなしです。

    記事の続きを読む
  • 洗髪後のフケを防ぐ方法

    洗髪して髪を乾燥する段階でもうフケが出てきてしまって、ガッカリというか、情けないというか、どうにかならないものだろうかという気持ちでいっぱいです。シャンプーが悪いのか、洗い方が悪いのか、・・・という悩みは深刻です。フケは目立ちます。目立って不潔にみられます。いくら洗髪しても不潔に見られるのは耐えられません。

    記事の続きを読む
  • シャンプーに配合されている成分

    シャンプーを使い続けて手荒れがひどいのはそのシャンプーの成分に問題があります。手が荒れるということは頭皮はもっとダメージを被っています。すぐにシャンプーを優しい成分のシャンプーに変えてください。シャンプー成分の中で一番の問題成分は洗浄剤です。洗浄剤にどのような成分を使っているかで手や頭皮に強いダメージを与えます。

    記事の続きを読む

Copyright© 2018 育毛シャンプーの選び方・使い方

ページトップ