目的用途別選び方
MENU
育毛シャンプーの選び方・使い方 TOP  >  未分類  >  アトピーでかゆい頭皮

アトピーでかゆい頭皮

a0002_002681アトピーで頭皮がかゆいとき髪の毛を洗う時のシャンプーにもいろいろ制限があって気が滅入ってきてしまいます。しかしながら清潔を維持するために洗髪をしないわけにもいきませんし、お湯だけの洗髪を未来永劫続けていくわけにもいかないわけです。かゆみを招かない低刺激のシャンプー選びが肝要です

 

シャンプーには洗浄成分にもとづき大きく分類して3種類あります。高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3種類です。高級アルコール系のシャンプーは比較的安価な洗浄成分という価格面での利点がありますが洗浄力が非常に強いという特徴があります。この強い洗浄力は頭皮に結構なインパクトがありますので、低刺激を求める対象にはあてはまりません。つぎに石鹸系のシャンプーですが、天然由来をうりにするものの石鹸自体がアルカリ性ですので、本来弱酸性の肌にはやはり刺激となってしまいます。アミノ酸系シャンプーは弱酸性でお肌の特性に合っています。しかもタンパク質のお肌にアミノ酸系の洗浄剤は低刺激でとてもお肌にやさしのです。

 

アミノ酸系シャンプーの成分は頭皮にとてもやさしいのですが、それでも何種類かの成分を比べてみると、優しさにも度合いがあるのです。洗浄成分の正式名称は化学的で難しく、なるべくなら避けてとおりたい部分ですが、しかし相性の良いシャンプーを選択するためにはしっかりと把握しておく必要があります。

 

アミノ酸系シャンプーの成分には3種類あります。メチルアラニン系、ココイル系、そしてベタイン系の3種類です。

この中でもっとも優れているもの、一番低刺激で一番洗浄力が高いものがメチルアラニン系です。難点としては優れている分高価であるということです。

ココイル系頭皮にやさしいのですが洗浄力がもうひとつなのが難点です。

ベタイン系も当然頭皮にやさしいのですが洗浄力がもうひとつな感があります。

肌に優しく、そこそこの洗浄力を保持して、価格を抑えるためにこの3種類の成分をうまく組み合わせているのがアミノ酸系シャンプーの現状です。シャンプーボトルの裏をみると頭が痛くなるような小さな文字で成分表示表されていまう。この成分表示は含まれている成分量の順に記載されていますので、どの成分が多いのかの目安とすることができます。
肌に優しくて洗浄力も求めるのなら、「メチルアラニン系、ココイル系」または「メチルアラニン系、ベタイン系」あるいは「メチルアラニン系、ココイル系、ベタイン系」の成分表示のものを選ぶようにします。

 

成分表示でシャンプーを選んだあとは、シャンプー自体が自分の頭皮と相性がいいか確認します。こればかりは、実際に購入して実地に自分の頭皮で確認しなければなりません。ちょっと出費がかさみますが、やはり避けて通れない部分です。シャンプーによっては、お試しの商品があるもの、あるいは一定の期間内なら返品返金保証があるものがありますから、おおいに利用する価値があります。

自分の頭皮に合ったシャンプーに出会えることは、幸せです

同じカテゴリー「未分類」の一覧

薄毛の原因を探る

薄毛になった原因が分からないと、打つ手が具体的に見えてきません。父親や祖父が薄毛なら遺伝というリスクを持っていることはわかりますが、それ以外にどんな原因があるのか探る手段はあるのでしょうか。

記事の続きを読む

フケをなくす方法

頭皮の表面の角質層が寿命を迎えて、新しい角質層によって下からに押し出されるように剥がれ落ちたものがフケです。これは正常な新陳代謝ですから普通にフケが出ているのです。カラダの皮膚も同じような新陳代謝を行っていて垢として肌から剥がれ落ちていきます。カラダの垢について普通は意識しないように、フケも細かい垢になって剥がれているうちはまったく気にならない存在です。

記事の続きを読む

地肌が透けて見えたときの対処方法

それは突然来たようにみえるのですが、抜け毛の増加と、髪の毛が細くなってきたのとは気がつかないうちに密かに同時に進行していたのです。地肌が透けて見えるようになったとき、薄毛はどのくらい進行しているのでしょうか。実は、50%を超えているのです。

記事の続きを読む

抜け毛で前髪が薄いときの対策

前髪がスカスカしてきたということはおデコの生え際が後退してきた、あるいはM字の後退が進んできたということでしょう。まずここの部分の抜け毛をストップすることが先決です。しかしこの部分の抜け毛を抑えるのはなかなか難しいのです。理由は、頭皮が固く血行不良を起こしがちな部分だからです。

記事の続きを読む

洗っても洗っても頭がかゆいとき

よく洗って、すすぎもしっかりしているのに頭のかゆみがおさまらないとき、1日中イライラして、集中力もなくなります。かゆみがおさまらないのは、洗い過ぎか、よく洗えてないか、すすぎがうまくいっていないか、なのです。まず洗いすぎについて。脂っぽいのでついゴシゴシ洗ってしまっていませんか

記事の続きを読む

人気記事ランキング

  • 髪の毛が細くなるのはシャンプーが原因?

    髪の毛が以前より細く弱々しくなってきたように感じたら、今使ってるシャンプーをその原因に疑ってみるべきです。それはシャンプーが髪の毛を溶かしているという意味ではありません。シャンプーが髪の毛を育てている地肌を傷めているという意味です。毎日使うように作られているシャンプーが地肌を傷めているというのはおかしなはなしです。

    記事の続きを読む
  • 洗髪後のフケを防ぐ方法

    洗髪して髪を乾燥する段階でもうフケが出てきてしまって、ガッカリというか、情けないというか、どうにかならないものだろうかという気持ちでいっぱいです。シャンプーが悪いのか、洗い方が悪いのか、・・・という悩みは深刻です。フケは目立ちます。目立って不潔にみられます。いくら洗髪しても不潔に見られるのは耐えられません。

    記事の続きを読む
  • シャンプーに配合されている成分

    シャンプーを使い続けて手荒れがひどいのはそのシャンプーの成分に問題があります。手が荒れるということは頭皮はもっとダメージを被っています。すぐにシャンプーを優しい成分のシャンプーに変えてください。シャンプー成分の中で一番の問題成分は洗浄剤です。洗浄剤にどのような成分を使っているかで手や頭皮に強いダメージを与えます。

    記事の続きを読む

Copyright© 2018 育毛シャンプーの選び方・使い方

ページトップ