目的用途別選び方
MENU
育毛シャンプーの選び方・使い方 TOP  >  未分類  >  育毛シャンプーの副作用

育毛シャンプーの副作用

273263育毛シャンプーに副作用があれば実際のところ大問題となります。そのようなニュースは見受けられませんし長期間にわたって使い続けるものですから、嘔吐や下痢、発熱等に関わる副作用はないといっても過言ではないでしょう。まして脱毛という抗がん剤的な副作用は起こりうることはないと思われます。

しかし、シャンプーのボトルには必ず「お肌に合わないときは使用をおやめください」と記載がされています。もしものクレームの時の対策でもあるのでしょうが、あからみやかゆみ等の症状が出ることは織り込み済みといえるのです。これはシャンプーの成分と個人の肌質の相性が合わなかったと言えるのでしょうが、過度に反応するひとにとっては副作用と言いたくなるかもしれません。

 

育毛シャンプーでも薬用の場合には、フケやかゆみを防止するために殺菌剤が成分として含まれている場合があります。この殺菌剤は非常に効果的で、フケ症の人や汗っかきのひとはついつい愛用してしまいます。まして育毛シャンプーですから髪の毛に悪いはずはないと思っているわけです。

 

ところが、殺菌剤というのは頭皮に巣食う悪玉菌、これがフケ、かゆみそして臭の原因になるのですが、この悪玉菌を排除しますが、同時に悪玉菌などの外敵から頭皮環境を守る善玉菌も排除してしまうのです。まさに、頭皮を無菌状態にしてしまいます。この薬用シャンプーを使っている間はこの殺菌力で、フケ、かゆみ、頭皮の臭いを防いでいてくれるのですが、他のシャンプーに替えようするときに問題が生じることとなります。替えたシャンプーに殺菌剤が成分として含まれていなかった場合、今まで抑えていた悪玉菌が復活してフケ、かゆみが一時的に復活するのです。そして、替えたシャンプーが謳い文句と違うという錯覚に陥るかもしれないのです。

 

190257替えた育毛シャンプーを我慢して使い続けていますと善玉菌も復活してきて、バランスの良い頭皮環境に戻り、やがてフケやかゆみが自然に消えてゆくのですが、なかなか待つことができません。ついつい、やめたはずの薬用シャンプーに戻っていくということになります。習慣性はないものの、頭皮により良いものをつかいたいという行動に制限が知らず知らずのうちに働いてしまうのがよろしくないといえば言えるのです。

 

育毛シャンプーに使われている洗浄剤は、低刺激のものを前提として配合されていますが、それでも強弱があることは確かです。自分の肌にとって強い刺激となる洗浄剤を見極めて、努めて低刺激の洗浄剤を使用した育毛シャンプーに替える努力は必要です。

 

育毛シャンプーには副作用はないといえます。しかし、まったく問題がないかといえば、やはり含まれている成分を見極めて使わなければ、個々に不都合は生じてしまうのです。洗い上がりのサッパリ感やしっとり感、香りや洗い上がりの髪の指通りを気にするだけではなく、長年使い続けても自分の頭皮に合っているものという観点でシャンプーを選ぶことも重要です。

同じカテゴリー「未分類」の一覧

薄毛の原因を探る

薄毛になった原因が分からないと、打つ手が具体的に見えてきません。父親や祖父が薄毛なら遺伝というリスクを持っていることはわかりますが、それ以外にどんな原因があるのか探る手段はあるのでしょうか。

記事の続きを読む

フケをなくす方法

頭皮の表面の角質層が寿命を迎えて、新しい角質層によって下からに押し出されるように剥がれ落ちたものがフケです。これは正常な新陳代謝ですから普通にフケが出ているのです。カラダの皮膚も同じような新陳代謝を行っていて垢として肌から剥がれ落ちていきます。カラダの垢について普通は意識しないように、フケも細かい垢になって剥がれているうちはまったく気にならない存在です。

記事の続きを読む

地肌が透けて見えたときの対処方法

それは突然来たようにみえるのですが、抜け毛の増加と、髪の毛が細くなってきたのとは気がつかないうちに密かに同時に進行していたのです。地肌が透けて見えるようになったとき、薄毛はどのくらい進行しているのでしょうか。実は、50%を超えているのです。

記事の続きを読む

抜け毛で前髪が薄いときの対策

前髪がスカスカしてきたということはおデコの生え際が後退してきた、あるいはM字の後退が進んできたということでしょう。まずここの部分の抜け毛をストップすることが先決です。しかしこの部分の抜け毛を抑えるのはなかなか難しいのです。理由は、頭皮が固く血行不良を起こしがちな部分だからです。

記事の続きを読む

洗っても洗っても頭がかゆいとき

よく洗って、すすぎもしっかりしているのに頭のかゆみがおさまらないとき、1日中イライラして、集中力もなくなります。かゆみがおさまらないのは、洗い過ぎか、よく洗えてないか、すすぎがうまくいっていないか、なのです。まず洗いすぎについて。脂っぽいのでついゴシゴシ洗ってしまっていませんか

記事の続きを読む

人気記事ランキング

  • 髪の毛が細くなるのはシャンプーが原因?

    髪の毛が以前より細く弱々しくなってきたように感じたら、今使ってるシャンプーをその原因に疑ってみるべきです。それはシャンプーが髪の毛を溶かしているという意味ではありません。シャンプーが髪の毛を育てている地肌を傷めているという意味です。毎日使うように作られているシャンプーが地肌を傷めているというのはおかしなはなしです。

    記事の続きを読む
  • 洗髪後のフケを防ぐ方法

    洗髪して髪を乾燥する段階でもうフケが出てきてしまって、ガッカリというか、情けないというか、どうにかならないものだろうかという気持ちでいっぱいです。シャンプーが悪いのか、洗い方が悪いのか、・・・という悩みは深刻です。フケは目立ちます。目立って不潔にみられます。いくら洗髪しても不潔に見られるのは耐えられません。

    記事の続きを読む
  • シャンプーに配合されている成分

    シャンプーを使い続けて手荒れがひどいのはそのシャンプーの成分に問題があります。手が荒れるということは頭皮はもっとダメージを被っています。すぐにシャンプーを優しい成分のシャンプーに変えてください。シャンプー成分の中で一番の問題成分は洗浄剤です。洗浄剤にどのような成分を使っているかで手や頭皮に強いダメージを与えます。

    記事の続きを読む

Copyright© 2018 育毛シャンプーの選び方・使い方

ページトップ