目的用途別選び方
MENU
育毛シャンプーの選び方・使い方 TOP  >  未分類  >  洗っても洗っても頭がかゆいとき

洗っても洗っても頭がかゆいとき

305375よく洗って、すすぎもしっかりしているのに頭のかゆみがおさまらないとき、1日中イライラして、集中力もなくなります。かゆみがおさまらないのは、洗い過ぎか、よく洗えてないか、すすぎがうまくいっていないか、なのです。

まず洗いすぎについて。

脂っぽいのでついゴシゴシ洗ってしまっていませんか。同時に、スカットした洗い上がりがほしくて洗浄力の強いシャンプーを使っていませんか。どちらも知らず知らずのうちに頭皮を傷めてしまっています。傷んだ頭皮が傷口から刺激をうけてかゆくなるのです。

よく洗えてない場合。

ゴシゴシ洗っているよ、というのであれば洗い方にひと工夫が必要です。指の腹を使って頭皮をマッサージするイメージで洗うのですが、かゆい部分をワサワサ揉むのではなくて、頭側から頭頂部へ、後頭部から頭頂部へ向かって頭皮を揉み上げる感じで洗ってください。

すすぎがうまくいっていない場合。

シャワーで3分程度のすすぎが目安ですが、3分間というのはけっこう長い時間です。感覚ですすいでいるともう十分と思っても、まだまだシャンプーが頭皮や髪の毛に残っています。この残ってしまったシャンプーに含まれている成分が頭皮を刺激してかゆみを生み出しているのです。汚れを洗い落とす成分もその力を正しく働かせるための時間というのがあります。その時間を超えると、良い働きが頭皮にダメージを与える働きになってしまうのです。

 

184893かゆみの原因物質を洗い流して頭を清潔に保とうというのは正解です。ただ、清潔に保とうとして1日2回以上、特に朝の洗髪をして、さっぱりした気分で出勤しているのであれば、洗髪後の乾かし方が不足しているのかもしれません。目が覚めてから出勤時間まで短い時間の中で洗髪後の髪の毛の乾燥にどうしても時間をかけられません。ですので、ドライヤーの温度を目一杯上げて熱い風で一気に乾かそうとしたり、自然乾燥で十分としてドライヤーでの乾燥不十分のままで出勤していませんか。

ドライヤーの熱すぎる風は頭皮が軽い火傷をします。ヤケドを治そうとしてかゆくなっているのかもしれません。自然乾燥で良しとしている場合、頭皮が湿ったままになっていると、常在菌が繁殖して刺激を頭皮にあたえることでかゆみが発生しているのかもしれません。いずれにしても、朝シャンは気持ちの良さは否定しませんが、忙しい出勤前ではおすすめできません。

 

洗浄力の強いシャンプーが原因のかゆみについて、頭皮の汚れの大部分は頭皮から分泌された皮脂が時間が経つにつれて酸化して、そこにホコリや空気中に漂っている様々な化学物質が付着したものです。当然、この汚れをほおっておけば頭皮に刺激を与えてかゆみを起こしたりニオイを発したりしますので、適切に洗い流すことが重要です。

適切に、というところが肝心なのです。分泌された皮脂は頭皮全体をうっすらと覆って、様々なダメージから保護したり、頭皮からの水分の蒸発を抑えて潤いを保つ働きがあります。洗浄力の強いシャンプーはこの働きをする皮脂まで根こそぎ洗い流してしまうので、保護膜を失った頭皮は外から様々な刺激を直に受けてしまってかゆくなっているのです。

 

洗浄力の適正なシャンプーとは。アミノ酸系シャンプーです。がっちり洗い上げていたひとにとって、アミノ酸系シャンプーの洗浄力はイマイチに感じるかもしれませんが、自分の感覚と頭皮との間には「良いこと」に対するギャップが大きくあります。自分にとってのイマイチよりも、頭皮にとっての適正の方を選択しましょう。

アミノ酸系シャンプーの良いところはお肌とおなじ弱酸性ということです。これによって頭皮の刺激やダメージが非常に小さくなっているのです。ダメージを受ければ当然修復しなければなりません。この修復を連日するためにパワーを使って頭皮が疲弊してしまっているのです。外部からの刺激に対抗できなくなって結果としてかゆみを起こしているのです。

 

まとめです。

あらってもあらっても頭がかゆいとき、朝シャンはやめてください、頭皮をマッサージするように洗ってください、すすぎはシャワーで3分以上してください、ドライヤーで十分に乾かしてください、アミノ酸系シャンプーに替えてください。

同じカテゴリー「未分類」の一覧

薄毛の原因を探る

薄毛になった原因が分からないと、打つ手が具体的に見えてきません。父親や祖父が薄毛なら遺伝というリスクを持っていることはわかりますが、それ以外にどんな原因があるのか探る手段はあるのでしょうか。

記事の続きを読む

フケをなくす方法

頭皮の表面の角質層が寿命を迎えて、新しい角質層によって下からに押し出されるように剥がれ落ちたものがフケです。これは正常な新陳代謝ですから普通にフケが出ているのです。カラダの皮膚も同じような新陳代謝を行っていて垢として肌から剥がれ落ちていきます。カラダの垢について普通は意識しないように、フケも細かい垢になって剥がれているうちはまったく気にならない存在です。

記事の続きを読む

地肌が透けて見えたときの対処方法

それは突然来たようにみえるのですが、抜け毛の増加と、髪の毛が細くなってきたのとは気がつかないうちに密かに同時に進行していたのです。地肌が透けて見えるようになったとき、薄毛はどのくらい進行しているのでしょうか。実は、50%を超えているのです。

記事の続きを読む

抜け毛で前髪が薄いときの対策

前髪がスカスカしてきたということはおデコの生え際が後退してきた、あるいはM字の後退が進んできたということでしょう。まずここの部分の抜け毛をストップすることが先決です。しかしこの部分の抜け毛を抑えるのはなかなか難しいのです。理由は、頭皮が固く血行不良を起こしがちな部分だからです。

記事の続きを読む

洗っても洗っても頭がかゆいとき

よく洗って、すすぎもしっかりしているのに頭のかゆみがおさまらないとき、1日中イライラして、集中力もなくなります。かゆみがおさまらないのは、洗い過ぎか、よく洗えてないか、すすぎがうまくいっていないか、なのです。まず洗いすぎについて。脂っぽいのでついゴシゴシ洗ってしまっていませんか

記事の続きを読む

人気記事ランキング

  • 髪の毛が細くなるのはシャンプーが原因?

    髪の毛が以前より細く弱々しくなってきたように感じたら、今使ってるシャンプーをその原因に疑ってみるべきです。それはシャンプーが髪の毛を溶かしているという意味ではありません。シャンプーが髪の毛を育てている地肌を傷めているという意味です。毎日使うように作られているシャンプーが地肌を傷めているというのはおかしなはなしです。

    記事の続きを読む
  • 洗髪後のフケを防ぐ方法

    洗髪して髪を乾燥する段階でもうフケが出てきてしまって、ガッカリというか、情けないというか、どうにかならないものだろうかという気持ちでいっぱいです。シャンプーが悪いのか、洗い方が悪いのか、・・・という悩みは深刻です。フケは目立ちます。目立って不潔にみられます。いくら洗髪しても不潔に見られるのは耐えられません。

    記事の続きを読む
  • シャンプーに配合されている成分

    シャンプーを使い続けて手荒れがひどいのはそのシャンプーの成分に問題があります。手が荒れるということは頭皮はもっとダメージを被っています。すぐにシャンプーを優しい成分のシャンプーに変えてください。シャンプー成分の中で一番の問題成分は洗浄剤です。洗浄剤にどのような成分を使っているかで手や頭皮に強いダメージを与えます。

    記事の続きを読む

Copyright© 2018 育毛シャンプーの選び方・使い方

ページトップ