目的用途別選び方
MENU

トピック

最新投稿

シャンプーに配合されている成分

シャンプーを使い続けて手荒れがひどいのはそのシャンプーの成分に問題があります。手が荒れるということは頭皮はもっとダメージを被っています。すぐにシャンプーを優しい成分のシャンプーに変えてください。シャンプー成分の中で一番の問題成分は洗浄剤です。洗浄剤にどのような成分を使っているかで手や頭皮に強いダメージを与えます。

記事の続きを読む

黒髪を保つヘアケアシャンプー 

いつまでも黒髪のままでいたい、そのためのヘアケアに適したシャンプーを選びたいというのであれば、頭皮の健康を保つという視点からシャンプーを選んでいかなければなりません。それは、髪の毛の中で生きて成長しているのは頭皮の中にある毛根で、髪の毛のほとんどは湿気や乾燥によってキューティクルが開いたり閉じたりはするものの生きてはいない部分なのです。黒髪を黒くしているのは毛根です。

記事の続きを読む

毎日しっかりシャンプーしているのに頭皮がかゆい

頭皮のかゆみが一日続いていると、イライラしてもの事に集中できないうえに、ひっきりなしに頭をかく格好はとても印象がわるいです。毎日しっかりシャンプーしているのに、どうして痒いのかわからないのです。頭をかいているうちにフケがおちて不潔に見られてしまうのかと不安にもなります。この場合の考えられる原因は2つあります。洗髪の方法が適切でない場合、あるいは洗髪後の乾燥の仕方が適切でない場合のふたつです。

記事の続きを読む

育毛シャンプーの副作用

育毛シャンプーに副作用があれば実際のところ大問題となります。そのようなニュースは見受けられませんし長期間にわたって使い続けるものですから、嘔吐や下痢、発熱等に関わる副作用はないといっても過言ではないでしょう。まして脱毛という抗がん剤的な副作用は起こりうることはないと思われます。

記事の続きを読む

アトピーでかゆい頭皮

アトピーで頭皮がかゆいとき髪の毛を洗う時のシャンプーにもいろいろ制限があって気が滅入ってきてしまいます。しかしながら清潔を維持するために洗髪をしないわけにもいきませんし、お湯だけの洗髪を未来永劫続けていくわけにもいかないわけです。かゆみを招かない低刺激のシャンプー選びが肝要です。

記事の続きを読む

抜け毛を予防する髪の洗い方

抜け毛の量に驚くのは、洗髪時、起床時、そして整髪時でしょう。何が原因かを思いめぐらぐらせて、原因のひとつに髪の洗い方があるのではと思い当たりましたね。確かに抜け毛を予防する髪の洗い方はあります。正確には正しい洗髪の方法が抜け毛の予防にも良いということなのです。

記事の続きを読む

育毛シャンプーに期待しすぎていませんか?

抜け毛を食い止めて髪の毛の状況を最小限現状維持をするために育毛シャンプーだけに頼ろうとするのには無理があります。育毛シャンプーは育毛のための手段のひとつですがオールマイティな力をもっているわけではありません。育毛を促進するための環境づくりをする位置づけにあります。

記事の続きを読む

頭皮にやさしい低刺激シャンプー

頭皮にやさしい低刺激シャンプーは、アミノ酸系シャンプーです。頭皮や皮膚はタンパク質からできていますが、このタンパク質はアミノ酸からできています。アミノ酸系の成分でタンパク質の頭皮を洗うのは違和感を感じさせません。

記事の続きを読む

脂性なのにフケが出る

脂性のフケは、頭をかくとポロポロとかたまりでフケが落ちてきます。フケは頭皮の新陳代謝の結果なのですから本来は健康的な現象です。ただ、健康的なフケは、目に見えるほどの大きな状態で落ちてくるのではなく、目に見えないほど細かな破片となって気がつかないうちに頭皮から離れていくものなのです。フケが出て困るというのは、頭皮が十分なフケになる前に、頭皮の皮のままに頭皮からはがれてしまうことに問題があるのです。

記事の続きを読む

抜け毛対策を40歳から始める

抜け毛対策を40代から始める男性、行動を起こすのが遅過ぎはしませんか?いいえ、そんなことはありません。毛根が死んで頭皮が光っていなければ、抜け毛は激しいけれど、薄毛の状態ならば、まだまだ間に合います。できれば、20代から髪の毛には気をかけておけばよかったかもしれませんが、過去のことを悔やんでみても致しかたありません。今日これからのことを考えなければなりません。

記事の続きを読む
前のページ  次のページ

Copyright© 2018 育毛シャンプーの選び方・使い方

ページトップ